新築そっくりさんの口コミ評判【この怒りどうすればいいの?】

新築そっくりさんで怒り心頭な投稿をされている方がいました。
その方はご両親の自宅(実家)のリフォームを新築そっくりさんでお願いしたようです。

 

しかしその結果思いもよらない結果になってしまい怒りを抑えられなくなってしまいました。新築そっくりさんでお願いしたことで「両親が不仲になってしまった」というとても悲しい結果になったという書き込みです。

 

出典元:Yahoo知恵袋

583317

新築そっくりさんに関する怒りをどうしたらよいでしょうか?
実家の両親が退職金を使って新築そっくりさんのリフォーム中です。

 

このリフォームによって両親の仲そして家族は最悪な事態となっています。

 

基本的に、まずリフォームだけあってベテランの大工が必要となるらしいのですがこの外注先大工を住友担当者がまったくコントロールできないのです。
おかげで年内で終わるリフォームが現在も終わっておらず2ヶ月ものびています。
売りの新築の半分の工期というのは何なのか?

あげく追加費用200万。
追加費用に関しては、確かに大工から細かいドアとか選ぶたびに細かい見積りがでていたらしいのですが母親にしか話さず、契約者である父親には最後たまりにたまった見積りとして200万の提示があったそうです。
作業を進めた後にこの見積もりはどうしても理解できません。
普通であればしっかりと契約者の合意の下、作業をすすめるのではないでしょうか?
自分も営業をしている人間としてどうしても納得がいきません。

 

これでは社会経験のない母親をだまして金をだましとる悪徳商売と変わらない。
母親に任せていた父親にも非があるのはわかっているのですが・・・。

 

そんなでも上の人間は出せないの一点張りでろくに謝りにもこない。そんな会社です。
何十年も働いた退職金を使って、しかも本当に楽しみにしていた両親を見ているだけに尚更許せないのです。
これで終わったってリフォーム後の家にはつらい思い出しか残らない・・・。

 

この経過の中で夫婦間に亀裂も入り、何のためのリフォームなのか。
住みながらリフォームできるというのも、実際には生活の中に大工がずっといて気を使いストレスをためて。ましてもめた時には、いつも一緒にいる人(今回でいえば母親)は尚更つらい思いをすることになります。
今回も何とか穏便にすませたい母親ととにかく収まらない父親とのすれ違いが原因です。

 

 

 

このような書き込みがYahoo知恵袋にありました。

この書き込みを読んでみると、工期が大幅に遅れ、なおかつ200万も上乗せで費用を請求されたということでした。

 

この書き込みをみるとかなり新築そっくりさんが悪いように感じてしまいますね。

予定通りに終わらず、しかも費用も契約者に確認を取らず高額請求したということです。

 

これは確かに新築そっくりさんに問題がありますね。

 

ですがここは俯瞰してみるようにするといいと思います。この書き込みを全て信じるのではなく参考程度に読んでみるといいと思います。

 

なぜかというと、リフォームではこのような問題がよくあることなのです。これは新築そっくりさんに限ったことではありません。

 

 

その点について詳しく説明していきたいと思います。

 

問題1 リフォームは高い技術が必要 人材を確保するのが大変

144125

リフォームでは高い技術が求められます。特に大工さんの高い技術が必要です。

最近の新築はパネルをはめるだけというような簡単な作業が多くなっているのですが、リフォームに関してはその家ごとに形状や設計が異なります。

 

ですので経験豊富な大工さんが必要になります。しかし経験豊富で腕のいい大工さんは引っ張りだこですのでいつでも確保することが難しいです。

 

そうなってくると言葉が悪くなってしまいますが「余った大工さん」に依頼しないといけなくなります。

 

そうなってくると問題が生じたりするのです。もちろんそういった大工さんに依頼するリフォーム会社が悪いのですが、こういった問題はどのリフォーム会社にも付きまとうことなのです。

 

ですので新築そっくりさんだから悪いということではなく、どのリフォーム会社でもこういった問題は生じるを考えておくといいでしょう。

 

 

問題2 年末は多忙すぎるリフォーム業界

リフォーム業界は年末が多忙になります。
いい空間で年を越したいという方が多い為、12月末までに仕上げないといけないリフォームが重なってきます。

 

そうなると人材不足になり、あるお宅では工事が進まず年を越し、1月、2月の完成という家も少なくありません。

 

年末になるとこういった問題がよくあります。ですのでできるだけ年末にはリフォームをお願いしないほうがいいですね。

 

リフォームで落ち着いてくる月は3月、4月ごろです。春は比較的落ち着く時期です。ですので2月あたりにリフォーム会社と打ち合わせて3月、4月の着工にするとスムーズに工事が進むことがあります。

 

繁忙期にリフォームをお願いすると問題も生じやすいのでお願いする時期も考えましょう。

 

 

 

まとめ

今回ピックアップした新築そっくりさんの口コミ評判に関してですが、投稿された方は非常に残念な結果になってしまいました。

 

喜びになるはずだったリフォームが最悪の結果になってしまったので、このような投稿をされるのは当たり前のことだと思います。

 

しかしながらこういった問題は新築そっくりさんだけでなく他のリフォーム会社でもよくあることなのです。

 

ですのでこれからリフォームをされる方は、

「工期は守れるのか」

「追加費用はかからなのか」

「もしかかる場合はちゃんと連絡をするのか」

「技術の高い職人さんを確保できているのか」

「担当現場監督はどんな人で信頼の置ける人か」

ということを吟味してリフォームを依頼しましょう。

 

リフォームを依頼する場合は何社も見積もりを取り、しっかり吟味することが成功リフォームの近道ですね。

 

 

 

 

 

 

2016年10月30日 新築そっくりさんの口コミ評判【この怒りどうすればいいの?】 はコメントを受け付けていません。 新築そっくりさん 評判